自費出版しようとした時の話

自費出版しようとした時の話

夢のために借りたお金をなくしてしまいました。

私が自費出版をしたいけどお金がなくて出来ないと言ったら、親友がそのお金を出してくれることになりました。金額はかなりのもので、ぽんと、出してくれたのです。
ゆうちょ銀行にふりこまれたのですが、私は自費出版になにか不安を感じていたのでした。

 

文芸社の自費出版だったのですが、余りいい話をネットで聞かないし、出版社としては、自費出版なので、その本が売れようと売れまいと、すでに儲けは取っているので、関係ないというかんじなのです。

 

そこで、私は友達が用意してくれたお金をもとにFXを始めてしまったのでした。FXでお金のやり取りをしていると、大きなお金が動くので、最初は面白くて、寝る間もないくらいハマっていましたが、健康的じゃないし、損失を出すようになって、だんだんと不安になってきました。

 

すると、その不安が命中して、為替相場が逆転して、私は大損失を出してしまったのでした。お金でお金を買うのは儲かるときもあるけれども、損をすることもあるのだと学びました。まずは正しい倫理観でお金を借りるということを考えたいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ