リボ払いの場合、元金額によって返済を調整しましょう

リボ払いの場合、元金額によって返済を調整しましょう

リボ払いの場合、元金額によって返済を調整しましょう

キャッシングで「リボ払い」を使っている人はいるでしょうか?もし使っていて、借入額が大きい場合は自分のお財布と相談して、払える時に元金を払っておきましょう。答えは簡単です。なぜなら「返済が遅れれば遅れるほど、利子を払い続けなくてはならなくなる」からです。試しに私の例を言うと、私はショッピングとキャッシングの両方を使っていて、ショッピングの返済は月に15,000円ですが、そのうち利息は4,000円。

 

なので実際には11,000円しか返していない計算です。キャッシングは10,000円の返済ですが、そのうちの利息は2,000円なので、実際は8,000円しか返せていない計算になります。このように、リボなどの長期返済は、月々の支払が少なくて済むのは良いことなんですが、その反面、返済期間がかなり長くなってしまうのがネックです。なので、できれば元金が少ない場合には、早目に返済してしまいましょう。逆に元金が多い場合、長期返済払いは非常に有効です。

 

金利がかからないからと言って安心して友達に借りてしまって失敗したこともありますので、お金を借りるということには十分注意してくださいね。


ホーム RSS購読 サイトマップ