お金の情報館 資本・借入・ローンなどなどお金のこと

お金の情報館 資本・借入・ローンなどなどお金のこと

お金の情報館 会社を作る?資本金の大きさは重要な問題

資本金というのは会社を設立していく時にも必要なものになりますが、それだけではなく会社同士の信頼性を作って行く際にも重要になる要素であると言えます。資本金は大きければ大きいほど当然社会的にもその存在感は大きくなってきます。同時に他の会社からも信頼されるようになる傾向が強く、取引を行なっていく際にも、積極的な話をしていくことができるようになるでしょう。

 

しかし、資本金が少なすぎると当然、それだけ信頼されることが少なくなってしまい、効率の良い取引やスムーズなやり取りが難しくなってしまうと言えます。
この資本金をどのようにして調達していくかは会社設立の時にも重要なものになるので真剣に考えておく必要があるでしょう。またいい加減に考えておくことは、会社の経営を悪化させる原因を作ってしまうことにもなるので大きな注意が必要となります。
会社の存在や、将来性に大きく関係してくるのが資本金ということになるでしょう。

お金の情報館 会社を作る?事業計画の甘さが招く悲劇

会社設立をしていく際に、事業計画というのを作っていくことになると想います。この事業計画を作って行く際には、かずかずのことを想定して自分のしっかりとした計画を作っていくことになるでしょう。しかし、この事業計画がしっかりとしていない、あるいはあまりにも不備が目立つ場合には、無事会社設立をすることができても、経営を上手く行うことができなかったり、あるいは、大きな損失、赤字を出してしまう可能性もあることになります。

 

そうなると、ただ単に赤字が出てしまうだけではなく、融資などにも影響が出てしまうことになり、想像以上に資金のやりくりが苦しくなってしまうこともあります。会社設立の際の事業計画というのは身長に、そして、しっかりと明確なものを作っておくべきであると言えるでしょう。曖昧である、穴が多ければ多いほど、会社を設立した時のデメリットは大きくなると考えておく必要があるでしょう。自分達の立場を狭めてしまうことになると考えることもできます。

お金の情報館 住宅ローン、リフォームなどお家のこと

リフォームという言葉に関して

 

さて、リフォームという単語を聞いてその語源をたどってみることは非常に難しいことだと思われます。まず、この単語聞いてなにを思い起こすでしょうか?この言葉、実際のところ和製英語(英語圏のネイティブに言っても言葉が通じない、国内で作られた言葉のこと)なのです。実は「reform」は「改正する」という意味であって、日本で言うところのリフォームするという意味ではないのです。

 

 

では英語圏ではなんというのか?本来であれば「renovation」という言葉が、日本語のリフォームに相当します。革命を再び(re)という意味なわけですね。このようにリフォームとひとくちにいっても、和文と英文とでは表記のぶれがあるということも重要なことです。また、その多様さも注目に値します。話題のオール電化、もしものときの地震にそなえての耐震化補強、外壁取替え、水周り修繕、子供たちのスペース作り、などなど・・・。

 

それらはメリットもある一方でデメリットもございます。一番心配なのは耐震補強と、リフォームにかかる費用の問題ではないでしょうか?やはり、費用は一番、苦しむ問題ですよね。一方で、近年必要とされている耐震化補強も必要とされることは確かなこと。リフォームは家を作り直すわけですので、その多様さも実際のところとても注目に値するものなのです。それでは、こういった多様さに関しては詳しく解説させていただきたいと思いますし、それにともなうメリットとデメリットに関しても解説させていただきましょう。ちなみにレベルの高い施工業者に頼むとリフォームの完成度も段違いになりますよ(参考:注文住宅を名古屋地区で建てよう

 

悪質業者による「悪質リフォーム」

 

さて、まずはリフォームに関して言及する前に、一番気をつけなければいけないのは、トラブルの事例でしょう。これに関しては、非常に気をつけなければいけないことを口を極めて、言及させていただきます。このことに気がつかないと、せっかく大金をかけてリフォームした意味がまったくなくなるからであります。

 

 

一様に、こういった悪質業者は「悪質リフォーム」とよばれるそうです。例えば、耐震化を例にとっていってみましょう。あなたの家にリフォームを請け負うという業者さんがきたと思ってください(ここではもちろん悪質かどうかはわかりませんが、注意が必要です)。「地震が心配ではありませんか?耐震化リフォームをおすすめしますよ」といわれたとします。そうしていざ、耐震化リフォームをしたとする・・・。しかし実際のところ、耐震化はほとんど効果なく、ユーザーからお金をまきあげる・・・このような業者が実際にいるそうです。

 

耐震化などは非常に資金がかかりますから、きちんとした業者さんに頼むことが重要で、しかもそういった業者さんがまじめな仕事をされているのかどうか、事前に調べることが非常に重要なのです。そういった念には念を入れた、心がけが悪質業者による「悪質リフォーム」を根絶するための、業界や消費者、そのものの全体にとってのポジティブなアクションになるわけですね。

 

くれぐれも悪質業者による「悪質リフォーム・悪質販売」にかからないようにお願いいたします・・・。

お金の情報館 相続できる財産について

相続ができる財産についてはきちんと調べておく必要があります。相続については、何もプラスのものばかりではありません。マイナスのものも相続の財産として数えられることになるので注意が必要です。相続の話をしていく際に、マイナスの相続の財産があるのであれば、その財産をどうするかも適切に話し合っていく必要があるでしょう。

 

一般的に財産として認められることになるのは、不動産や、貯金、株などになります。マイナスの財産としては借金や税金になると言えるでしょう。マイナスの財産については「相続破棄」という手段が取れる場合もあるため、マイナスの財産がある場合には、相続の手続きをする前に、一度、しっかりと「相続破棄」について調べておくことをおすすめします(参考:相続税 税理士(相続税の申告はお任せ))。

 

相続については早めに進めていくことが必要ですが、マイナスの財産がある場合には、一概に早く対処をしたほうが良いというわけでもありません。
「相続破棄」などについて調べる時間を、適切に設け、損をしない、メリットのある相続をしていく必要があると言えるでしょう。(相続破棄をするためには条件があるので、その条件を知っておくことが大切になります。時期や条件を知っておかないと、手続きが間に合わない場合があるので注意が必要です。)


ホーム RSS購読 サイトマップ